知ってる?社長はこういう人

社長インタビュー

Q1. ペッパーフードサービスとはどんな会社でしょうか?

ひとことで言うと、毎日やりがいを持った社員さんが頑張っている、将来性のある会社です。
この会社は私が27歳の頃に独立した会社で、それ以来45年経ちました。
年数は経ちましたが、最先端の構想から最先端のテクノロジーを使い、
これからまたさらに大発展を遂げていく、常に新しいことを考えている会社だと思います。
ペッパーランチは創業22年になりました。
現在とても状況はよく、去年よりも100%売上利益が出ており、これを39か月連続で達成しています。
また、『いきなり!ステーキ』は、2年前に我々が立ち上げた、世界で当社しかないという斬新な、今までのステーキの概念を大きく変えたビジネスです。
これをふたつの柱として、フランチャイズや直営店も新規で開拓していきたい。
今度はNYにも『いきなり!ステーキ』をオープンさせます。
また『ペッパーランチ』は10年ほど前に進出したシンガポールをもととして、
世界各国15ヶ国234店展開しております。
弊社は非常に未来が大きく可能性のある会社です。
新入社員の皆さんと一緒に仕事をして、新たな発想でもっともっと飛躍をしていきたい。
私はそう思っております。

Q2. 会社を経営していく上で
大切にしていることは?

一番は『従業員がこの会社をどう思っているか』。
その部分を私は最も大切にしております。
従業員のみなさん、社員のみなさんが『喜んで』働かないと、会社の成長はありませんし、
価値がないと思います。
私はそのような考えをずっと大切にしてきています。

Q3. 社員の方がイキイキと働いていると感じましたが、
そう言った意識を社員に浸透させる秘訣はありますか?

まずこの会社は、社長である私がとても近くおります。
社長ではあるけれど、社長というかお父さん、お兄さんというか……。
とてもフレンドリーな関係です。
社員のみなさんにそう思ってもらえるように、私も社員さんによく声をかけたり、慰安旅行で従業員さんと一緒に旅行したり、海外へ向かったりします。
それとなによりも社員のみなさんが、私ともっと近い関係にあるのは、私が社員のみなさんをすべて面接するからです。
私はずっと40数年会社を経営していて、社長面接をはずしたことは一回もありません。
だからみなさんが『私の社長』と思ってくれているのです。
私も『私の社員』と思っている。
ひとりひとりそう意識することにより、結果的にみんな笑顔でひとつになっていけるのではないかと思っています。

Q4. 新卒を採用するにあたり、
どんな学生に
入社してほしいですか?

新卒の方は『明るい人』、『笑顔がいい人』、
それと『礼儀正しい挨拶ができる人』、
『きちんとした身だしなみをしている人』がいいですね。
あとは我々の中に入って一緒に仕事をすることによって、
色々学ぶべきことが多いと思います。
その点では『素直さ』というものもなにものにも代えがたいものだと感じています。

Q5. 『正笑』の理念を教えてください。

『正笑』といっても国語辞典に載っていない言葉です。
『正しく笑う』と書いて、私は『正笑』と読んでいるのですが、
この二文字に我が社を代表する『ものの考え方』が入っています。
『とにかく正しくやろうよ。正しいことを正しくやって、そして成功を見たときにともに喜ぼう』という考え方です。
喜ぶときは笑顔になるじゃないですか。これが正しく笑う『正笑』です。
いつも相手のことを考える。商売とは相手に利益を与えることなり。
それと同時に、相手からも適正な利益を得られる。このような利と利があって、栄えていくのです。
片方が儲かって、片方が儲からない。これでは長続きしません。
その儲かるほうがお客様の場合もあるし、店側かもわからない。
またお取引先様かもしれない。
でもお取引先様、納入業者様がいるから、それによってビジネスができる。
我々も利益が出る。だから利と利の関係。
これがまさに『正笑』の考えなのです。

Q6. 日本一、働きたい外食企業を目指しているという事ですが、教えてください。

私は一生懸命よい会社にしようと常に思っております。
でも、従業員さんのひとりひとりが、この会社を自分の会社として「よい会社にするんだ」という意識がないとよい会社になりません。
将来の夢・展望、現状を見据え、将来こういう風にしたいああいう風にしたいという考えが、国民生活に大いに貢献するということでないとその会社は発展していきません。
したがって、自分の生活設計、これから結婚し、家族ができて自分の将来をどういう風にしていきたいか。
それを実現できるのは、自分が勤めているこの会社が成長するかしないか、正しい会社か正しくない会社かそれに尽きると思うのです。
では社長である私の仕事は何なのか。
社長が『こういう風にしてくれる』というのではなくて、『会社の社長が示した将来の展望・目標』を一緒に達成していくことができれば、本当に日本一働きたい会社になるのではないかと思います。

Q7. ペッパーフードサービス今後の展望を教えてください。

世界戦略ですね。
「え!?ペッパーフードサービスに勤めてるの?知ってます!」と言われるようになりたい。
同じ会社が『ペッパーランチ』を誕生させてから20年後に『いきなり!ステーキ』という、ちょっと高級なお肉をリーズナブルなプライスで、そして厚切りで食べられるお店ができました。
これが時代の最先端を行っているビジネスモデルだと思います。
だから大勢のお客様がきてくれている。
ですから、『ペッパーランチ』をベースに『いきなり!ステーキ』と両方を日本はもとより世界にたくさん出店していきたい、グローバルな企業にしていきたいと考えています。

Q8. 学生に向けてメッセージお願いします。

みなさんのことを、お待ちしています。たくさんの方との出会いが、とても楽しみです。
みなさんと一緒に楽しく、自分の未来のためにともに仕事ができたらいいなという風に思います。
また、この会社上場企業でもありますので、ちゃんとやる、正しい経営をする。
そのためにはとてもたくさんの職種があります。
お店で働いて、お客様にサービスする、料理を作る。これもとてもやりがいがある仕事です。
それ以外でも、本部で経理をする、または新しいメニューを作る、マーケティングをする、ITが得意な方であれば、その知識と技術を生かし自分の仕事ができる。
この会社を変えていくエネルギーにもなっていける。
そういう可能性のある会社だと私は思っています。
ぜひみなさん自分の可能性にかけてください。
自分の会社として、ここでこの会社に入社して大活躍をしてください。
学生のみなさんを心よりお待ちしております。